交通事故で生じた骨折の治療について

文責:柔道整復師 河合 隆智

最終更新日:2021年04月12日

1 交通事故による骨折

 交通事故のように非常に強い衝撃を受けた場合、それによって骨折してしまったり、骨にヒビが入ってしまったりすることがあります。

 骨のヒビの場合、レントゲンではうまく写らないこともありますので、痛みや違和感がある場合にはしっかりと伝え、MRI・CTといった検査もお受けください。

 骨折に対しては、基本的には病院でギプスや添え木などの固定が行われます。

 ケガの状態によっては手術が行われることもあります。

2 接骨院での骨折の治療について

 これに対して、接骨院での治療はリハビリが中心となります。

 なお、厳密には接骨院での治療は施術と言いますが、一般的には接骨院が行うものについても治療と言われることが多いため治療と記載します。

 骨折によりしばらくの間固定を行っていると、その間に関節が硬くなることがありますし、筋肉も弱まってしまいがちです。

 そのため、固定が外れても、元のように動かすことが難しいことがあります。

 そのままにしておくと改善までに時間がかかるおそれがありますし、足の骨折の場合は転倒してしまう危険性もありますので、注意が必要です。

 骨折した箇所が元の機能を取り戻すためには、リハビリが非常に重要となります。

3 こめ接骨院でのリハビリ

 リハビリは、適切な方法で行うことはもちろん、しっかりと続けることも重要です。

 当院は平日の夜22時まで受付を行っているため、お仕事帰りなどに無理なく通院をしていただくことが可能です。

 また、痛みがある、動きがおかしいと感じたときなどにも、気軽に立ち寄ってご相談いただくことが可能です。

 当院では全身調整を得意としていますので、骨折が元で弱っている箇所はもちろん、そこをかばっていたことで痛みや歪みが生じた部位についても治療し、根本改善を目指すことが可能です。

 お悩みをお話いただきやすい雰囲気づくりを大切にし、完全復帰に向けて親身になって対応いたします。

PageTop