交通事故による打撲の治療に関するQ&A

文責:院長 柔道整復師 河合 隆智

最終更新日:2021年08月05日

交通事故による打撲の治療に関するQ&A

Q交通事故で打撲をしてしまったのですが、接骨院に行った方がいいのでしょうか?

A

 交通事故ではお身体に大きな衝撃を受けるため、打撲の状態も日常生活でぶつけたり転んだりしたときよりも酷い場合があります。

 長期間痛みが続いたり、時間が経つにつれて痛みが強くなってきたりする可能性がありますので、早くから対応していくことが大切です。

 場合によっては痛みだけでなく腫れによる可動域の制限なども出てくるおそれがありますので、一度接骨院にご相談ください。

Qぶつけた覚えのないところに痛みが生じているのですが、どうしてでしょうか?

A

 交通事故の衝撃で筋肉が過度に緊張した結果、血流が悪くなり、お身体のあちこちに痛みが生じることがあります。

 その結果、ぶつけた覚えがないところや、内出血や腫れなどが生じていないところについても、痛みが生じることがあります。

 また、衝撃によりお身体に歪みが生じることで、広い範囲に痛みが出ることもあります。

 打撲をしている場合、どうしてもその部分にのみ意識が向くかと思いますが、他の箇所に痛みがある場合はそちらもそのままにせず、どちらもご相談ください。

Qこめ接骨院では交通事故での打撲についてどのような治療をしてくれますか?

A

 まずは打撲をした部分を含め、全身の状態を検査いたします。

 これにより、今出ている痛みや不調の原因を特定し、早期根本改善に向けて治療計画を立てていきます。

 そのため治療方法は一人ひとり異なりますが、ここでは一般的な治療法についてご説明いたします。

 なお、厳密には接骨院での治療は施術といいますが、一般的には接骨院が行うものについても治療といわれることが多いので、治療と記載します。

 打撲ではお身体の痛みが強い場合が多いため、そのような場合には微弱電流を用いて痛みの抑制を図ります。

 痛みが落ち着いた後、筋肉の状態改善のために手技を行ったり、歪みがある場合はそれを改善するために矯正を行ったりします。

 治療方法については事前にご説明いたしますので、安心してご来院いただけます。

受付・施術時間

 
午前 ------
午後 --

【平日】
15:00~22:00
【土】
9:00~13:00

【定休日】
平日午前,土曜午後,日,祝

所在地

〒502-0847
岐阜県岐阜市
早田栄町5-15

0120-736-037

お問合せ・アクセス・地図

PageTop